ロードバイク・コラム『ディスクブレーキ搭載のロードバイクの特徴』

『ディスクブレーキ搭載のロードバイクの特徴』

ロードバイクのブレーキは、バイク全体の軽量性を重視して主にリムブレーキが取り付けられています。
しかし、リムブレーキは雨になると制動力低下という課題があり、最近はブレーキに安定した制動力を求めるライダーの声も高まり、ロードレーサーのみならず一般のライダーからもディスクブレーキ支持の声が増えてきています。
ディスクブレーキロードバイクとは、その名の通りディスクブレーキシステムが取り付けられたロードバイクを指しますが、このバイクの特徴について今回は、詳しくご紹介していきます。

■そもそもディスクブレーキとは?
ディスクブレーキは、ロードバイクのタイヤ中央のハブに固定された円盤型の金属(ディスクローター)をブレーキキャリパーで挟んで制動させるブレーキシステムです。
リムブレーキも同じようにタイヤ(リム部分)を挟んで制動するわけですが、挟む部分(金属板)の違いがあります。
ディスクブレーキとリムブレーキとの違いは、ディスクブレーキがタイヤの中央を制御するのに対し、リムブレーキはタイヤの外側のリムで制御するところです。回転する中央部分になるか、リム回り(タイヤの外側部分)かの違いがあります。
また、ディスクブレーキにはブレーキレバーからブレーキキャリパーまで力を伝える方法が油圧式と機械式の2種類のタイプに分かれています。

■ディスクブレーキの特徴(メリット・デメリット)
ディスクブレーキは、ブレーキキャリパーで挟む部分がタイヤの中心部にあるディスクで、リムブレーキはホイールの外側部分のリムとなりますので、雨天時の水たまりや泥の影響などを受けにくい分、制動力が安定しています。
そして、ディスクブレーキは制動する際にリム部分を使用しませんので、ホイール選びのときホイールの素材にこだわる必要性がありません。
また、特に油圧式のディスクブレーキの場合、ブレーキレバーを軽く握っても、確かなブレーキングを得られます。
手の力が弱い人や女性ライダーなどには扱いやすくなっていますので、長い下り坂の路を走行中などでも疲れも感じず制動することが可能です。
一方、デメリットして考えられるのは、リムブレーキモデルよりブレーキシステムそのものの重量が重くなってしまうことです。
また、ディスクブレーキはハイスピードの状態から急に停止すると、ローターやリムが摩擦によって加熱され非常に高温になる特徴があります。
例えば、ハイスピードから急停止するとブレーキのディスクローターの温度は、300度近くまで上昇するとも言われています。
出来空くブレーキのローター部分は、特に支障がなければ通常走行では、ほとんどに手に触れる部分ではありません。
カバーは特にセットしていませんので、ディスクは空気で冷やされてはいますが、ディスクブレーキはかけ過ぎますと、ディスクローターの温度は300度を超えることもありますので、基本的にはディスクローターには触らないようにしてください。

■ディスクブレーキ利用で注意しておきたいこと
先ほども記載しましたが、ディスクローターに触れないことが注意点のひとつ目です。
もちろん、高温になっているので危険ということもありますが、ディスクブレーキのばあい、ディスクローターが少しでも傾いたり曲がったりするとブレーキングに支障が出るからです。
最悪、走行そのものもできなくなるということにもなりますので、走行中の点灯や休憩中の際にバイクが転倒しないようにご注意ください。
次に注意する点は、油圧式の場合にブレーキホースにエアが入らないようにすることです。
エアが入ってしまうと、ブレーキの利きが悪くなる恐れがありますので、注意が必要ですし、エア抜きはとても手間がかかる作業となります。
安全走行のために、ブレーキオイルの管理をしっかりと行うことを怠らないようにしたいところです。
最後に、油圧式と機械式のディスクブレーキのメンテナンスのポイントも注意しておきましょう。
油圧式のディスクブレーキは、ディスクローターとブレーキパッドのクリアランスを一定に保つ機構が備わっていますので、メンテナンスは比較的楽なのですが半年に一度はブレーキオイルの交換を忘れずに行ってください。
一方、機械式の場合はクリアランスを一定に保つ機構がありませんので、ブレーキパッドの減りに合わせてディスクローターとブレーキパッドのクリアランスの調整を必ず行っていく必要があります。
そして、ワイヤー類の劣化やブレーキパッドの減りなどをチェックして、必要であれば交換するようにすることを怠らないようにしましょう。

■まとめ
ディスクブレーキには2種類があり、その種類によって仕組み・構造上の点で少しメンテナンス作業が複雑になるとか、チェックポイントが多少違うなどあります。
また、ディスクブレーキのコンポーネントも、軽く引いただけで制動力が発揮されるものや、ブレーキを積極的にかけてコントロールしていくと良いタイプなど、メーカー各社でそれぞれ特徴あるディスクブレーキのコンポーネントを発売しています。
そのため、ディスクブレーキを選ぶときは、自身のライディングの好みや乗り方によって選んでいくことがとても重要となります。


お問い合わせフォーム

無料査定のお申し込みやお問い合わせは、下記フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

ご連絡方法 (必須)
メール電話どちらでも

お売りいただけるもの (必須)
自転車パーツフレーム委託販売その他

メーカー名 (必須)

モデル名 (必須)

年式 (必須)

【参考となる写真がございましたら合わせてご送付下さい】

お名前 (必須)

お住まいの地域(必須)

お電話番号

メールアドレス (必須)

お問合せの内容

状態(査定のプラスになりますので、できるだけ詳しくお知らせください)
※完成車の場合は、コンポ及びホイールも記載ください

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

関連記事

東京買取センター0120-388-332

東京買取センター0120-388-332

神奈川買取センター0120-194-101

神奈川買取センター0120-194-101

出張買取地域

神奈川県、横浜市、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、静岡県、群馬県、栃木県、山梨県

出張買取エリア詳細へ

LINE査定 スマホで簡単

LINE査定 スマホで簡単

コラム

  1. 電動自転車の買取価格の決まり方 使用年数と状態(傷・汚れ・色・破損 など) 主に室内…
  2. 『スポーツバイク選びのためのロードバイクとクロスバイクの違い』 自転車で走ることは、と…
  3. 『ロードバイクのペダルについて』 ロードバイクの走りの原動力を伝えるペダルには、その形…
  4. 『ロードバイクの走り方のコツ、ダンシングとシッティングの使い分け走行』 ロードバイクを乗り始め…
  5. 『ロードバイクライダーに必要な筋肉について』 ロードバイクで少しでも速く走るために、走りのパフ…
  6. 『ディスクブレーキ搭載のロードバイクの特徴』 ロードバイクのブレーキは、バイク全体の軽量性を重…
  7. 『未舗装道路を走行できるグラベルロードとは』 グラベルとは、砂や砂利のいわゆる未舗装路のことで…
  8. 『ロードバイク走行に必須のヘルメット選びのポイント』 ロードバイクを乗るときに用意しておきたい…
  9. 『女性にもおすすめのロードバイクの選び方』 颯爽と走る姿がかっこいいロードバイクは、最近女性の…
  10. 『ロードバイクと旅をする「輪行(りんこう)」のルールについて』 ロードバイクに乗り出してバイク…

最新の自転車買取事例

  1. ヨネックス AEROFLIGHT エアロフライト

    これぞMADE IN JAPAN ヨネックス AEROFLIGHT 入荷!

    ヨネックスといえば、テニス、ゴルフ、バドミントンなど様々なスポーツ用品を製造する 日本のメーカーで…
  2. BROMPTON ブロンプトン 英国製 M6R 6段変速 走行少

    買取価格11万円 BROMPTON ブロンプトン 英国製 M6R 6段変速 走行少

    リアキャリアを標準装備した6段変速のブロンプトン M6Rです。(英国製) タイヤ:16インチ …
  3. ピナレロ GAN RS Carbon T900 2017年

    買取価格16万円 ピナレロ GAN RS Carbon T900 2017年

    メーカー:ピナレロ モデル名:GAN RS Carbon T900 年式:2017年 メインコ…
  4. 買取価格12万円 WILIER ウィリエール Luna Carbon アルテグラ 2016

    WILIER ウィリエール Luna Carbon アルテグラ11速 完成車 メインコンポーネ…
  5. 千葉県のお客様より買取birdy GT 今年購入/油圧ディスクブレーキ/SRAM 10速 2019年発売モデル

    買取価格 150000円 お売りいただきありがとうございました。 おかげさまで即日完売となりまし…
  6. 買取価格39.000円 ブロンプトン BROMPTON L3 クロモリ 折りたたみ自転車 レッド 内装3速

    スターメーアーチャー製のトリガーシフター、ザックス製(現SRAM)の内装3段を装備したモデルです …
  7. 買取価格95,000円 スペシャライズド VENGE アルテグラDi2 2016年 カスタム

    ヴェンジカスタマイズ ローター楕円リングにビッグプーリ レバーはデュラエースのDi2カスタマイズモ…
  8. 買取価格118000円 PINARELLO ピナレロ RAZHA イタリアンザフィーラ 105 R7000系 2X11S 2019年モデル

    メーカー:ピナレロ モデル名:RAZHA 年式:2019年 フレーム素材:HighStreng…
  9. SPECIALIZED スペシャライズド ターマック TARMAC COMP ULTEGRA 2017年 カーボン ロードバイク 52サイズ 11速 サガンモデル

    メーカー:スペシャライズド モデル名:ターマック カラー:サガン 年式:2017年 コンポー…
  10. アレックスモールトン AM-SPEED S カンパレコード組

    Moulton AM Speed S ステンレスフレーム メーカー アレックスモールトン モ…
ページ上部へ戻る
LINE査定